かさぶたで感触がざらざら

冬季、見えないからってムダ毛を放置して生やしまくっているヒューマンはいませんか?

ええ、それは私だ。
ざっと2ヶ月以上は放置しております。
正直言うとますますかも・・・

その結果、当然ですが毛むくじゃらだ。
も、常に生やしてから生産したほうが仕上がりが綺麗だったりするんですよ。
いえ釈明ではなくてですね、結構。

夏場は無論頻繁に処理するんですが、すると埋没毛や毛孔の赤みなどの妨害が気になっていたんです。
しょっちゅうスキンが引っ張られているので、誘因になるんだと思います。

そういった時は少しだけ我慢して、ムダ毛を育ててから処理するようにしています。
スキンを引っ張る数が落ちるせいか?
少ない毛を抜くから長い毛を抜くほうが誘因が少なくて済むからか?
理由は一心にわかりませんが、頻繁に処理していたポイントからスベスベの仕上がりになっていました。

なので、サボって要るわけではなく、ほとんど頻繁なムダ毛生産は素肌を痛めるのかな~と個人的には思っています。
別に夏場は、著しいサンシャイン&毎日塗り付ける日焼け止めなどの誘因も加わって、余計に素肌が荒れて仕舞うのかもしれませんね。

夏場が終わればムダ毛生産も節目なのですが、今度は埋没毛が気になってくる。
毛抜きで地道にカリカリ掘り起こして抜くんですが、スキンをひっかくので当然のことながら負傷になってしまいます。
ムダ毛のワサワサよりも、埋没毛を掘った後のかさぶたで感触がざらざら向かうのが今日一番の動揺だ。

そうして冬場になると、春に向けて育ち過ぎたムダ毛を生産しなければいけません。
これだけ育つといったどこからこぶしをつければいいのか躊躇うほどですが、抜毛器物で一気に殲滅させて決めるかと意気込んで要るところです。xn--rdk3b1752bx4c.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です