Skip to content

貸切バスにラッピングをしてイベント用にも出来る

会社において新製品を開発し、それを大々的に売り出したいとなると、当然のことながら様々な場所での宣伝が必要です。

さらに力を入れている製品ならば全国を宣伝してまわるのもいいかもしれません。それには例えば貸切バスを使うのです。色々な場所でイベントを企画し、それに合わせて貸切バスを向かわせます。現地入りする時にはスタッフを乗せてもいいですし、最寄り駅からイベント会場への送迎車として使うのもいいかもしれません。さて、その際単なるバスだともったいないです。バスにはラッピングを施すことも出来るのです。

ラッピングとは車体に貼り付けるシールみたいなもので、実際には、塩化ビニール製の薄いフィルム状のシートに印刷を施し、それを貼り付けます。それをラッピングというのです。フィルムには糊のようなものが付いているので、貼り付けやすいですし、それほど強力なものではないので、剥がすことも簡単です。耐久性もあります。貸切バスの車体全体にイベントの告知や製品の写真などを施せばかなり目立ちますし、全国を走り回ると相当な数の人が見ることにもなるので宣伝効果は高いでしょう。

また先ほど書いたようにイベント会場への人の送迎として使えば、参加してくれた人が「あのバスだ」とすぐに分るので、迷わず乗ってくれるはずです。後、貸切バスは車高があるので、隣の車線にバスなどの大型車が来ない限り、かなり遠くからでも見えます。車高だけでなく長さもあるので、横に車が来ても隠れる部分は少ないでしょう。かなり派手なデザインを施せば何だろうと歩道を通行している人は気付いて見てくれると思います。
貸切バスのラッピングのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *