Skip to content

貸切バスのラッピングの概要からその特徴とは

貸切バスのラッピングは、バスの外観部分の車体に広告シートをラッピングする形で装飾し、街中を走行させることです。

乗客を始め、通行人や自動車の運転手など様々な方に対しての認知訴求を生み出すことができ、交通広告の一環として行われることが多くなっています。以前は車体の一部に看板を掲げる方式が多かったですが、それよりも確実的に認知訴求に貢献しバス広告でも代表する存在として発展しています。掲載期間に関しても予算に応じて決めていけば良いですが、1ヵ月から1年などの期間を決めることで可能とします。なお貸切バスのラッピングを行う場合は、地域や地元を代表する企業が広告を検討することも多いです。

他にも貸切バスのラッピングの方式にはフルとパートという二つの方法が存在し、フルの場合だと車体を全部に広告シートを展開する形になります。一方、パートの場合だと車体の一部分を広告シートで展開する形になるため、予算などに応じて決定していけばよいため、利用しやすいのも魅力です。

特に地元の生活と密着している企業が、この広告を行うことはメリットが大きく集客につなげることができたり、企業のブランディング効果までも期待することができます。多くの人にサービスを知ってもらうことは、企業のブランド価値まで高める効果をも生み出すこともできるので、企業の発展にも貢献できる広告戦略を打ち出すことも可能です。街中に走行していても、装飾に優れたラッピングでは芸術的なアートを見ている感もあり、街行く人の目を楽しませてくれる存在としても期待されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *