Skip to content

路線バスのラッピング広告のメリット

路線バスにそのバスが走っている沿線の企業やお店などがラッピング広告を載せているのをよく見かけるようになりました。

路線バスのラッピング広告を載せるメリットは、そのバスを利用している人間がその路線バス沿線に住んでいることです。沿線に実際に住んでいる人へ対しての宣伝効果は通常の看板広告や新聞チラシに比べてもかなり高いと言えます。普段からバスを利用している人はもちろん、路線バスの沿線に住んでいる人もバスが走っているのを見かけるはずです。

バスを利用しなくても外を歩いていれば自然とバスの姿が目に入りますし、車や自転車などを運転していても見かける頻度は高くなるでしょう。そのような沿線に住んでいる人への宣伝効果が高いのがラッピング広告の一番のメリットと言えます。

バスのラッピングを考えるとかなり広い面積が使用できます。車体自体が大きいので宣伝効果も抜群に高いです。企業やお店の情報や、商品の写真、電話番号などの連絡先や地図など幅広い情報を一緒に掲載することも可能です。看板と違ってバスは移動するので宣伝効果も高くなります。ラッピングの技術も進歩しているので商品の写真の鮮明さなども従来のものと比べ物にならないくらい高いので遠くからでも宣伝効果は十分期待できます。貼り替えることも容易にできるのも特徴的です。定期的に貼り替えることで宣伝効果も見込め、コスト面で考えても塗装よりはるかに低く抑えることができるのもメリットと言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *