Skip to content

貸切バスを使った旅行関連のラッピング広告

休日等に幹線道路沿いを歩いていると観光バスと出会う事があります。

路線バスの地味なユニフォームの様な車体デザインと比べると大変綺麗なデザインや旅行関連の広告がついています。この旅行関連の広告は、そのバスツアーで使われる貸切バスにつけられている事が多く、見た人はそのツアーに参加してみたいと思います。その意味で、貸切バスに掲載された旅行関連の広告はまさに動く看板となって広い範囲を動き回る事になり、大きな集客が期待されます。この様に旅行関連の広告を貸切バスに載せる事は注目を集めるには効果的ですが、大きな車体にどうやって広告を載せられるのかが不思議です。

実は、この様な大きな物体へ写真や絵などを載せるのにはラッピングという技術が使われています。ラッピングとは予めデザインを印刷した膜を物体に貼り付けるというものです。印刷技術を使いますので、全く同じデザインをたくさん作る事も簡単ですし色合いも自由に選べます。構図の大きさも簡単に自由に変える事もできます。

なにより図面を何回でも書き直せる所が魅力です。色々なデザインを予めコンピュータ上で見て検討を行う事ができるので、すこしずつ構図を変えながらその他の条件とどう合わせていくかという事もできます。また、実際の作業についてもラッピングは大変便利です。膜を貼り付けたり剥がしたりするだけですので、作業する人の数もそう多くは必要とせず非常に短期間で行う事が出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *