Skip to content

旅行関連の広告をラッピングした貸切バスについて

広告といえばビルの上の看板が定番ですが、最近では色々なものに看板が付くようになってきました。

いちばん有名なのが、ビルの屋上の看板です。また、通天閣の様なタワーの様なものに付く広告もあります。しかし、人間は動くものに注意が行く傾向がありますので、同じ宣伝を出すのであれば動くものの方が効果的です。その様な広告で典型的なのがテレビの広告です。しかし、テレビでは画面の中だけですのでダイナミックスな感じがしません。どんなに動いても画面の中だけですので迫力がありません。

この様な時に出てくるのがうごく自動車についてくる広告です。自動車の中でも宣材をつけているのをよく見るのはバスです。路線バスでは、色々なメーカーのアドバタイズメントがついています。この様な広告をどの様な方法でバスにつけるかというとラッピングという技術を使います。特にツアーなどの貸切バスでは旅行関連の宣伝をよくつけます。どの様な広告をつけるかというと、多くは現在貸切バスが使われている旅行関連のラッピングアドバタイズメントがつけられています。

貸切バスに乗っている観光客は、この旅行関連のラッピング宣材が付いていることで一層旅情を味わう事が出来ます。旅行の記念に写真を撮ったりします。後日写真を見た時に旅の事を思い出していい思い出になります。この様なラッピング広告は、手軽にきれいな写真や絵を大きな車体につける事ができるので、多くの路線バスでも色々なメーカの広告で装飾するのにも使われます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *