Skip to content

貸切バスを使った旅行関連広告のラッピングについて

旅行をする時には、一人旅もいいですが大勢の人と一緒だとまた別の楽しみがあります。

一人だとしんみりと温泉につかって静かに宿を楽しむという事ができますが、大勢だと一緒に色々な経験をし途中で雑談に花を咲かせてリラックスした気分になれます。それぞれに特徴がありそれぞれにいい所があります。大勢で旅行をするというとまず思い浮かべるのが社員旅行や修学旅行です。移動には目的地のすぐ近くまでは列車や飛行機で行き、その後で貸切バスで各観光地をまわるというのが定番です。この様な貸切バスには普通、大きな目立つ絵や写真が描かれています。

こんな大きな絵や写真をどうやって描いたのだろうと不思議になります。実はこの様な貸切バスへの大きな絵や写真はラッピングと呼ばれる技術を使っています。ラッピングが使われる旅行関連の貸切バスにはその旅行についての広告が載せられる事が多く、実際に旅行を行うという事とアドバタイズメントの両方の役割を果たします。

旅行関連の貸切バスでラッピングが何故良く使われるかという1つの理由には、ペイントを使って塗装を行う場合に比べて写真などは大変リアルに描く事が出来る点があります。観光地の写真は旅行関連の広告では大変良く使われる宣材です。この様なデコレーションバスが近くを通っただけで、広告を見た人は旅行に行きたいと思うこと間違いありません。ラッピングが使われるもう1つの理由は装着と脱着が短期間で手間をかけずに行える点です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *