Skip to content

イベント車両と広告業界によるラッピング

カーラッピング技術が進むことによって、様々なことに応用されるようになってきています。

たとえば、車業界と宣伝広告業界がコラボして、今までにない動く(走る)宣伝広告カーが次々に誕生しています。新製品の広告や歌手の新曲の宣伝などを大きなイベント車両のボディにラッピングして走ります。東京や大阪など人通りの多い場所でラッピングされたイベント車両が走ると、必然的に多くの人の目に留まり、注目されることになるので、その宣伝効果は計り知れません。

新曲の発表などでは、大音量の音楽を奏でながらさらに効果を高めているイベント車両も少なくありません。この新しい広告媒体を活かし、イベント車両のラッピング技術の進歩と共に、印刷業界や広告業界も巻き込んで、目覚ましい発展を遂げています。大型トラックを利用したイベント車両をさらにスケールアップさせた、新幹線や飛行機にラッピング広告をする事例も時々目にします。

話題性があるためにニュースで取り上げられることもしばしばです。それだけ宣伝効果はあったと言えるかもしれませんが、見る人に大きなインパクトを与えるには十分過ぎる効果があると言えるでしょう。また簡単に消すことができないペイントと違って何度も貼りなおせるということも大きな特徴で、そのためにイベント車両や飛行機などにも様々な絵や写真などを描くことができます。今後さらにこの技術は進み、より高度で耐久性の高いフィルムが開発されていることが期待されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *