Skip to content

イベント車両のラッピング広告について

街を歩いているとよく大きな広告を車体に付けたバスを見かけます。

また、同様の映画やお店の宣伝などの大きな広告をつけたイベント車両が街中を走っているのもよく見かけます。バスやイベント車両への広告をよく見ると、実際に塗装されているのではなく、大変リアルな画像を再現したシートが貼り付けられています。実は、バスやイベント車両へのリアルな広告はラッピングという技術が使われているのです。このラッピングによるバスやイベント車両への広告を実装する事は、以前よく行なわれていた塗装に比べると大変簡便にできます。

また装着できる写真の画像も大変高解像度で利用する事ができます。このラッピングを行う方法のさらなる便利な特徴は簡単にラッピングされたフィルムを剥ぎ取る事が出来る点です。その為にある期間しか必要ないイベントの広告にこの装飾法を用いる事は大変合理的で経済的です。ラッピングをイベント車両におこなう具体的な手順としては、まずコンピュータの画像ソフトウェアでもとになる広告をおこないたい宣伝画像を作成します。

その際、写真なども含める事ができます。できた宣伝画像のデータを大型プリンタを使い高分子フィルムに印刷します。この様にして準備した高分子フィルムをバスなどに貼り付けてれば作業は簡単です。また、広告の使用期間が過ぎてバスなどから高分子フィルムを取り去るのもすぐに行う事ができます。日数で言うと装着に3日、剥がすのに半日くらいですべての作業を行う事ができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *