Skip to content

需要が高まっているイベント車両のラッピング

イベントの宣伝を行う際、車体にそのイベントの広告やデザインを施したイベント車両を準備するのは有効な手段です。

その車両を街中で走らせる事で、行き交う人々の目に留まりイベントの内容をしっかり宣伝する事が出来ます。走る広告媒体として高い効果が望めるイベント車両ですが、その準備にかかる費用はばかに出来ません。デザイン費用の他、もしカラーリングした場合は塗装費用がかなりかかります。そしてイベント終了後に元の塗装に戻すとなると、2重で塗装費用がかかってしまいます。

そこで近年需要が高まっているのが、イベント車両にラッピングを施すというものです。ラッピングであれば、イベントが終わった後シートを剥がしてしまえば車両を簡単に元の状態に戻せます。イベント車両をレンタカーで手配する場合にも最適な方法だと言えるでしょう。ラッピングはそれほど大きくないものであれば、個人で施工する事が可能です。

シートは通販サイトなどで販売されており、ハサミとカッターナイフ、ドライヤーとヘラを準備すればキレイに貼る事が出来ます。車体全体にイベントデザインを施したい場合は、かなりの経験がない限り個人で行うのは難しく、専門店に相談するのが無難です。専門店であればカーボン調フィルムや金属調のフィルム、マットフィルムなどから自分の気に入ったものを選べ、インクジェットフィルムを使ってオリジナルデザインのフルラッピングに仕上げる事も出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *