Skip to content

ラッピング施工のイベント車両のメリット

イベント車両にはいろいろな種類が存在しており、大きなサイズのものでは航空機や電車なども含まれるケースもありますが、やはり主力となっているのは自動車で、自動車のイベント車両ならば、イベント会場に移動させて展示することも簡単です。

しかも街中などの人が多く集まる場所を走行させることで、より多くの人々の目に入ることから、高い宣伝効果を見込むことも可能となります。ただしそんなメリットが豊富なイベント車両ですが、塗装で車体に広告を描くとなると、それなりのデメリットも存在します。まず塗装では、当然ながら手書きなので作業に時間がかかり、それだけコストも高くなります。

またせっかく綺麗に描いたとしても、風雨などの過酷な自然環境に晒されることで劣化のリスクも高まりますし、施工に時間が必要な分、同じように役目を終えて塗装を落とす際にも時間と労力が必要となります。そこでそれらのデメリットをクリアした新たな施工方法として注目を集めているのがラッピングによるイベント車両で、ラッピングならばコンピューターでシートに模様や絵柄を描き、そのシートで車体を包み込むといった施工方法となっています。

それゆえに明らかに手作業の塗装よりも時短かつ簡単ですし、それでいて塗装では難しい繊細な絵柄やカラーグラデーションなども実現可能であり、自然環境の劣化に対しても強いといった特徴があります。おまけにラッピングなのでイベントが終了したならば、たんにシートを剥がすだけで元通りになります。よって大変メリットが豊富で利用しやすいため、需要も高くて人気の施工方法となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *