Skip to content

イベント車両のラッピングについて

私達の周りでは様々の宣伝が掲示されています。

身近な所でいうとテレビコマーシャルがあります。日常的にテレビを見る事でテレビコマーシャルを見続けいつしか宣伝されている商品に馴染みを感じついつい手が出ます。また、新聞などの広告や折込の広告もそうです。更に大きなものとしては、お店の看板などの大きな掲示物も宣伝によく用いられます。またビルの屋上や側面にも大きな広告を見つける事は容易です。

この様に多くのコマーシャルに私達は囲まれて生活をしていますが、止まっているものだけでなく動いているものにも広告が取り付けられています。頻度はそう多くはありませんが飛行機の胴体への広告も見かける事があります。日常に近い所ではバスの様な大型の自動車の側部につけられた広告もよく見ます。また、この様なコマーシャルが目を引くことが利用されて宣伝を行うイベント車両にも派手な広告がつけられています。

イベント車両につけられた広告の特徴は大変目を引くデザインで装飾されている事です。イベント車両の宣伝では写真などもリアルに再現されていますが、ラッピングという方法が使われています。ラッピングとは予め写真や画像を薄い膜に印刷しそれを貼り付けるという事です。その他の装飾法としては塗料を塗装する方法がありますが、施工期間が2週間かかり人手も最低でも3人位は必要であるなど、ラッピングに比べると大掛かりで時間のかかるコストが高い方法になる為に最近ではラッピングが主な装飾方法となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *