Skip to content

ラッピングを利用するとトラックの保護に役立ちます

自動車のボディを包み込む方法として、ラッピングが人気を得ているものですが、普通の自動車だけではなくトラックにも対応することができます。

大きな車体になるので、宣伝効果を抜群に発揮させることができ、同一車両を他社が利用をしていてもオリジナル性を発揮でき、尚且つ会社のイメージを良好にすることにも最適です。ラッピングのトラックに施工するには、DIYでは非常に難しいと判断できるので、専門店に任せることが原則です。特にバンタイプの荷台を持つ車両の場合は貼り付け可能な面積がかなり広いので、制作から施工まで一貫して行うサービスを利用することが必要です。

宣伝やイメージアップにはかなりの貢献をすることができますが、ラッピングをトラックに施す場合は、他のメリットも感じることができます。ノーマルの状態ではボディや荷台部分にそれぞれ塗装が施されていたり、荷台部分は金属やアルミ素材のままの状態の車両も多くあります。ラッピングを施すと、車体を保護することができ、腐食してしまったり、変色を起こしてしまうというリスクを軽減できます。

ラッピングにも耐久性というものはあり、永久に利用することはできません。耐用年数を5年程度から10年程度としているシートもありますが、トラックに施工しても簡単に貼り替えすることができる方法なので、一定期間毎に貼り替えをすると、元々のボディを劣化させずに綺麗な状態を長く保つことができるというメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *