Skip to content

イベント車のラッピングの特徴と効果

イベント車などによく用いられるラッピングは、路線バスやトラックなどの配送車、さらには電車や飛行機などにも応用されることがあります。

どんなデザインでも自由自在であるということと、簡単に剥がすことができるということが、ペイントにはない最大の強みとなっており、そのため一時的に宣伝効果を狙って、飛行機や新幹線などにアニメを描いたり、スポーツイベントの宣伝を描いたりすることもしばしばあります。そして目的が終われば、フィルムを剥がして元の状態に戻すことができます。

イベント車の場合も、そのイベントが終了すればラッピングフィルムを剥がして元に戻したり、次のイベントのデザインに変更したりします。特に期間限定の宣伝広告などには効果的で、今やなくてはならない技術となっています。また、イベント車に描かれるデザインがどのようなものであれ、一目で内容がわかるインパクトのあるデザインが必要です。車は目の前を一瞬にして走り去っていくものですから、そのわずかな時間の間に道行く人がわかる内容でなければならないわけです。

どのようなデザインにするかは、ラッピング会社やラッピングを手掛けている広告会社などとの相談となります。費用については各会社によって異なりますので、じっくり比較する必要があります。ラッピングの大きさによっても費用は変わりますし、広告であれば、掲載期間によっても大きく異なってきます。対費用効果をよく考えて選ぶようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *