Skip to content

ラッピングトラックは広告看板よりも効果が高い

一昔前のトラックと言えば社名が車体に記入してあるだけで地味な車体の物と、デコトラと言って派手な歌舞伎をイメージさせる塗装と電飾を施した車体の2つに分かれていました。

しかし最近ではその中間とも言えるラッピング施したトラックが増加していますが、ラッピングとはデコレーションとは違い個人の趣味と言うよりも企業のイメージアップや宣伝効果の期待を高める為の物です。例えば企業のイメージカラーやイメージキャラクターだけでなく、オリジナルのロゴをデザインして塗装している場合や、扱っている商品を大々的にアピールする事もあります。

ラッピングトラックの最大のメリットは広告看板と違い、より多くの方にアピール出来る事で荷物の運送の為に走れば走る程多くの地域と人々にアピールする事が可能です。例えば九州産の新鮮野菜を東京の市場へ納品する場合に、荷台の両面や後面に産地の地名と美味しそうな野菜の絵を塗装して走行すると、九州から関東まで何百キロもの間と時間を走行しながら広報活動も行っています。道路に設置してある広告看板の場合は移動出来ないので、その場所を通った方にしかアピール出来ませんがラッピングトラックなら何倍もの方にアピール出来るのです。

そう言った宣伝効果の高さからも年々人気になっているので、専門の施工会社も増えていますが依頼する会社を間違えると価格や納期に品質でも後悔する事になるので、もし企業でラッピングを企画する時にはまずネット上で口コミやランキングサイトなどで評判の会社を見つけておく事が肝心です。

評判のいい会社を見つけておけばデザインから見積もりに納期まで、しっかりと打ち合わせが出来て肝心の仕上がりも納得出来ます。
ラッピングのトラックのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *