Skip to content

トラックプラスラッピングで高い宣伝効果が得られる

ラッピングを施したトラックを見かける機会は多いです。

宣伝に最適だから使われているのが理由で、デザインは自由に行うことができます。写真を印刷することもできますし、カーボン調のフィルムを使って目立つ外観にすることだって可能です。フィルム自体の性能も高いですが、印刷技術に優れている業者に依頼すれば、まさになんだってデザインすることができます。

ラッピングを施すことは、塗装するのに比べて変更が可能という点で優れています。とそうであれば、一度塗ってしまえば塗り替えることはできても、元のオリジナルの状態にはもう二度と戻せません。その点、ラッピングを剥がせば元に戻りますし、糊が残らないフィルムを使うのでボディーを汚してしまうこともありません。また、ボディーの保護になるという副次的な産物もあります。トラック以外にも広く施されていますが、トラックは荷台部分が全面的に広告枠になるため、宣伝カーとしては一番目立ちます。

そのため、大々的にアピールをしたい場合には使われることが多いです。また、宣伝専門のトラックではなくても、例えば配送車を使ってそこに自社ロゴを貼ってアピールすることなどにも使われており、使い方は運用する会社次第で自由自在にできます。柔軟性の高さと広告アピール力の高さからラッピングは使われていますが、まだ比較的新しい分野です。したがって、今後はもっと活用される幅が広がって来るのではないかと思われます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *