Skip to content

ラッピングトラックで広告効果も高まります

日本の物流を365日24時間支えているのがトラックなどの車両で、道路の整備の影響もあり一昔前では味わう事の出来なかった地方の生鮮食品も、手軽に都会でも味わえるようになり大変便利です。

そんなトラックも少し前までは法令で定められた会社の社名がキャビンや荷台部分に書かれているだけで、地味な色の車体が多かったのですが、最近は企業のイメージカラーやキャラクターをデザインして塗装したラッピングカーも増加しています。こう言ったラッピングは運送している会社自体のアピールで社名やロゴを格好良くデザインする場合と、運んでいる荷物や荷主の会社の商品をアピールする為の物があります。

他には例えば九州産の野菜を運んでいるトラックに、その地域のゆるキャラと野菜をデザインしてラッピングする場合もありますし、イベントやコンサートの機材を運ぶ場合にはコンサートを開催するアーティストの写真をアピールするなどパターンも豊富です。ラッピングトラックが増加しているのは注目度や宣伝効果が期待されるのですが、やはり道路に設置してある広告看板と比べてもより多くの場所で人に注目されます。

特に移動距離が長い程広告効果も高まりますし看板と違う所はキャビンだけでなく、荷台は左右と後面など塗装面が多いので場所によってデザインを変えるなど、楽しくなるような演出も可能です。最近はラッピングに特化した塗装工場もありデザインから納期に見積もりまで、何でも気軽に相談出来る事から個人で依頼する方も増えています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *