Skip to content

運送会社のトラック向けのラッピングの基礎知識

農産物や各種原材料や製品を輸送するトラックの走行距離は長いために、厳しい気象条件の中を走るうちに車体の劣化が進みます。

しかし耐久性に優れたフィルムで車体を包むことで、トラックを厳しい環境から守れるようなります。更にボディをお洒落なデザインのフィルムでラッピングすると、企業の広告宣伝の媒体としても活用することができます。しかし初めてトラックの車体にラッピングを施す運送会社にとっては、発注先を探したりデザインを決めるのはとてもハードな作業です。

デザインの提案や費用の見積もりが丁寧な会社を選ぶことが、限られた予算でイメージアップに役立つ施工を行うための基本です。施工実績が多い会社であれば、個別の企業のニーズに合ったラッピングの活用法を提案してくれます。企業のロゴが入ったデザインを選ぶ運送会社が多いですが、最近では人材募集目的でトラックの車体にフィルムを貼る事例も増えています。

これまでの施工事例を参考にして最も宣伝効果が高いデザインを選ぶと、運転手の採用もスムーズに行うことができます。一方で特定のユーザーと長期契約を結んでいる場合には、取引先の会社のロゴをデザインとして選ぶ方法もあります。

取引先の企業名や主力商品のブランド名をデザインとして活用すると、大きな宣伝効果も期待できます。また長期契約の輸送では大型車両を使うケースも多いために、アルミウイングなどへの施工実績が豊富な会社に発注するべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *